SILKYPIXシリーズはデジタルカメラで撮影された「RAWデータ」、「JPEGデータ」を高画質に編集し、美しい写真に仕上げる事のできる純国産の写真編集ソフトです。カメラメーカー各社のRAWデータ800機種以上に対応しており、多くのプロカメラマンや写真愛好家から支持されています。また、カメラ同梱のソフトウェアとして多くのカメラメーカーからもご採用いただいております。2004年の発売以降、「高画質」を追及し続ける写真編集ソフトがSILKYPIXシリーズなのです。

高画質

  • 濁りが無く正確な色再現性
  • シャドー(暗部)からハイライト(明部)まで表現力豊かな階調性
  • デジタルカメラやレンズの性能を最大限引き出す高解像度な画像処理エンジン
  • 高ISO感度であってもノイズが少ない優れたノイズリダクション
  • JPEGやTIFF形式のファイルをRAWデータに近い形に拡張し高画質な調整が可能

使いやすさ

  • 高画素な画像でも快適に使える処理スピード
  • 初心者でも"かんたん"に使えるわかりやすい画面表示
  • すぐに使える、充実した内容のソフトウェアマニュアル
RAW現像とは?

RAW現像とは?

デジタル一眼レフカメラや一部のコンパクトデジタルカメラには画像ファイル形式の中に「JPEG」と並んで「RAW」というものがあります。
一般に広く浸透している「JPEG」は、圧縮された汎用の画像ファイル形式で、そのままパソコンなどで画像として見る事ができますが、「RAW」はカメラメーカーごとにファイル形式も異なるうえ、そのままパソコンなどで画像として見る事ができません。

(参考)「RAW」はカメラメーカー毎に拡張子が異なります。

Canon
CR2
Nikon
NEF
PENTAX
PEF
Panasonic
RW2
OLYMPUS
ORF
FUJIFILM
RAF
SONY
ARW
汎用フォーマット
DNG

では「RAW」はどのようにすれば画像として見る事ができるのでしょうか?
それにはSILKYPIXシリーズなどに代表される「RAW」編集ソフトが必要となります。この「RAW」編集ソフト上で、汎用性の高い「JPEG」などの画像形式に書き出す事によってはじめてパソコン上でも見る事ができるようになります。
そしてSILKYPIXではこの作業の事を「RAW現像」と呼んでいます。

「RAW」現像で写真の楽しみ方は、格段に広がります。

ポイントとなるのは、「RAW」とは「JPEG」よりも膨大な情報量が詰め込まれているデータだという事です。この情報量の多さが、より美しい写真を仕上げる要となります。SILKYPIXが推奨する「RAW」現像のメリットや仕組みについて、この先で詳しく見てみましょう。

RAW現像の基本について知りたい方はこちらをご覧ください

SILKYPIXシリーズ一覧

SILKYPIX Developer Studio Pro 11(Windows)
Windows版
macOS版

プロフェッショナル版

新しいRAW現像エンジンを搭載したことで、従来よりさらに高い解像感を実現したSILKYPIXシリーズの最上位版RAW現像ソフトです。新たに合成モード「超解像」「多重露光(動体)」を追加したことで今までにない作品づくりが可能となりました。そして、DNGデータに含まれる領域情報(Semantic Masks)に対応したことで、部分補正の範囲指定がより簡単になりました。写真の取り込みからセレクト、調整、印刷まで一貫して強力にサポートします。

SILKYPIX Developer Studio Pro 11(Windows)
Windows版
macOS版

プロフェッショナル版

新しいRAW現像エンジン搭載により今までにない高解像を実現し、露出やホワイトバランス、コントラストなどの基本調整機能はもちろん、被写体の色を自由自在に変えたり、パースの歪みを直感的に補正したり、ワンクリックでアート作品に仕上げることのできる「テイスト」など、多彩な補正機能を搭載しています。操作性も良く、簡単に高品質な作品づくりが可能です。

SILKYPIX JPEG Photography 11(Windows/macOS)
Windows版
macOS版

JPEG専用版

写真を美しく仕上げるための基本機能と細部までこだわることのできる補正機能、そしてJPEGデータを高画質に調整できる独自の技術を搭載しているため、高品質な作品づくりが可能な写真編集ソフトです。「合成」機能や、指定した範囲のみ補正することのできる「部分補正ツール」、ブラシでなぞるだけで不要物を除去することのできる「修整ブラシ」など便利な機能で自由に写真編集をおこなっていただけます。