テイスト

SILKYPIX Taste Collection『スウィートライト』

SILKYPIX Taste Collection 第六弾は『スウィートライト』です!

このテイストは、日常を淡く優しい光で演出することができます。

SILKYPIXの『テイスト』とは、RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio シリーズ」の調整値を組み合わせたプリセットです。メニューから選択することで、デジタルカメラに搭載されている「シーンモード」のように、テーマに合わせた写真の仕上がりへ変換することができます。また、テイストを適用後の調整も可能です。ぜひダウンロードしてお試しください。

SILKYPIXオリジナルテイスト『スウィートライト』

テイストダウンロードボタン

ファイル名の『xxx_j』はJPEGデータ用、『xxx_r』はRAWデータ用です。


スウィートライトとは

明るく鮮やかなトーンに少しだけ色を乗せて光の雰囲気を演出することで、普段の何気ない写真も少し印象的なワンシーンになります。水色系とピンク系2 つのバリエーションがあるので、写真の持つ雰囲気によって使い分けてください。

スウィートライトの特徴

ハイキー表現+ 色をシフトさせたテイストです。撮影時に明るめに撮影しておくか、現像時に明るめに調整すると良いでしょう。また、写真全体に淡く色を乗せる仕上がりなので、白っぽい被写体や逆光での撮影などの光の表現に向いています。

作例1
テイスト作例

作例2
スウィートライト作例

作例3
スウィートテイスト作例


パラメーター解説

「スウィートライト」のテイストを作成する際に使用した機能を解説します。

① 調子

コントラストを低め、ガンマを高めに設定することで、明るい軟調な設定にします。ハイライトを抑え、シャドーの階調性を重視した仕上がりがベースになります。

テイスト作成方法

 

② トーンカーブ( RGB )

トーンカーブの中間調を高く設定し、ハイキー気味な仕上がりにします。ハイキーにすることで彩度が若干低く感じるようになるので、これは後から調整します。

トーンカーブ テイスト

 

③トーンカーブ(RGB独立)

RGB独立トーンカーブでRGBチャンネルの中間調をそれぞれ動かし色を付けています。青を高く設定することで青さを表現することができます。

独立トーンカーブ

 

④彩度

軟調で中間調を明るく設定したことにより鮮やかさが失われた分を補うため、彩度を少し高く設定してあります。

テイスト彩度調整

以上の機能を使用して『スウィートライト』テイストが作成されました。


作例4
スウィートテイストサンプル

作例5
テイストの作例

作例6
スウィートライトブルー

作例7
スウィートライトピンクサンプルテイスト


応用編

カスタマイズのポイント

①RGBトーンカーブの中間調

RGBトーンカーブの中間調を低く設定すると暗くなり、色も濃くなります。
中間調を高く設定すると明るくなり、鮮やかではなくなります。

テイストの応用 中間調

 

②RGB独立トーンカーブの中間調

RGB独立トーンカーブでブルーチャンネルの中間調を低く設定すると緑っぽい色調になり、高く設定すると青さが強くなります。

RGBチャネルで調整

このように、テイスト適用後に皆さんのオリジナルの調整もできますのでぜひお試しください。


『スウィートライト』テイストのダウンロードはこちら

テイストダウンロードボタン

 

★テイストの使い方はこちらをご覧ください
https://silkypix.isl.co.jp/how-to/taste/how-to-use-taste/ ‎

SILKYPIX Developer Studio Pro8 を使ったことが無い方もぜひお試しください。
30日間無料お試しダウンロードができます!
テイスト スウィートライト